« ACEA | メイン | エンジンオイルの分類と役割 »

ILSAC

ILSACとはAPI:SHグレード承認の時に注目されたInternational Lubricant Standardization and Approval Committee(国際潤滑油標準化承認委員会)を略したもので「イルザック」と読みます。

ILSACは1990年に自動車用モーターオイルの最低性能基準の規格を発行して、日米の自動車業界に正式に採用されました。

API:SHグレード承認の時に「省燃費」性能を発揮したオイルにはAPIのドーナツマークに省燃費性を表示することを認めると同時に、ILSAC特有の「スターバーストマーク」を表示することが可能となりました。

アメリカ国内では省燃費性の高いオイルにだけこのマークを表示することができます。


logo_sae.gif     logo_for.gif


ILSACが制定していた規格は「GF-1」で、5W-XXと10W-XXのオイルに要求されています。

ILSAC「GF-1」は1997年で廃止されて、1996/01月からは「GF-1」の性能を上回る「GF-2」が制定されました。

2001/07月に登場した「GF-3」では更に厳しい省燃費性能を要求されています。
新しい「GF-3」でもスターバーストマークは継続して使用されています。

アメリカの排気ガス抑制強化に対応するため、オイルには低リン化が進んでいくと思われます。

「低リン化」とは・・・

エンジンオイルの添加剤の中に含まれる「リン分」(サルファー)を極力少なくして、排気ガス清浄装置である触媒の被毒化を防止するための措置です。

リンは触媒を攻撃して性能を低下させる働きがあるために取られた措置です。


.





目次

01.エンジンオイル雑学(ガソリン) (6件)
オイルの製造 | アメリカ石油協会 | 欧州自動車工業会 | ACEA | ILSAC | SAE |
02.エンジンオイル概要(ガソリン) (1件)
エンジンオイルの分類と役割 |
03.エンジンオイルの働き(ガソリン) (1件)
エンジン・オイルの働き |
04.エンジンオイルに含まれる添加剤(ガソリン) (1件)
添加剤 |
05.エンジンオイルの種類(ガソリン) (6件)
オイルの粘度 | シングルグレード | ユニバーサルオイル | APIサービス分類 | メーカー純正オイル | ノンポリオイル |
06.エンジンオイル雑学(ディーゼル) (3件)
欧州自動車工業会 | ACEA | 黒くなるわけ |
07.エンジンオイル概要(ディーゼル) (2件)
ディーゼルの表示 | エンジンオイルの分類と役割 |
08.エンジンオイルの働き(ディーゼル) (1件)
エンジンオイルの働き |
09.エンジンオイルに含まれる添加剤(ディーゼル) (1件)
添加剤 |
10.エンジンオイルの種類(ディーゼル) (4件)
オイルの粘度 | シングルグレード | ユニバーサルオイル | APIサービス分類 |
 
Syndicate this site (XML)
Powered by Movable Type 3.151-ja